ページ移動

エントリー

グレーズブラシ比較

Painter 2017 新機能のグレーズブラシを二種類カスタマイズしてみたので、練習も兼ねて比較してみました(小さい画像だと違いがほとんど分かりませんが…{#汗})。

水彩風マーカー風リアル水彩

左:水彩風(塗りは乗算レイヤー三枚重ね)
中央:マーカー風(レイヤーは一枚のみ)
右:リアル水彩によるサンプル。

左の水彩風は、グレーズ設定を[フィルタ塗潰し]に設定してあります。フィルタ塗潰しはほとんど[デフォルト]と同じような感じになるので、塗り重ねても選択色以上に濃くなることはありません。濃い部分を作るには、レイヤーを追加して[乗算]に設定して塗っていく必要があります。実際は、グレーズによる効果というよりも、ブレンドブラシとして使った[ダイナミックスペックルフロー]の効果で水彩風を目指しているといった方がよいかもしれません{#(笑)}

中央のマーカー風は最近のいくつかの記事で紹介しているブラシです。
グレーズ設定が[フィルタ]になっているので、塗り重ねると濃くなります。レイヤーを沢山作る必要はありませんが、濃くしすぎた部分やムラになった部分の修正が効かないので、専用の修正ブラシ(グレーズのデフォルト設定)が必要になります。
ブレンドブラシを使う場合は、プラグインの[引きずり拡散]辺りが使いやすいと思います。

右端はサンプルのリアル水彩です。一番簡単かなぁと思うのは…慣れてるから…でしょう…{#ぷっ}

一応、水彩風とマーカー風のグレーズブラシはPainter's Blogにて近日中に配布予定にしています(グレーズブラシの解説なども兼ねて…){#指}

ページ移動

2020年08月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ARCHIVES

投稿年月別履歴は下のリストから

   
        
  

TAGCLOUD

SEARCH

ページの先頭へ